こどもニュージーランド 親子留学プログラム
こどもニュージーランド ママさん座談会

ゆかさんインタビュー 【第2話/ゆかさんの助産師のお仕事と出産される方へのアドバイス】

ゆかさんインタビュー 第2話 hd

第2話は、ゆかさんの具体的な助産師のお仕事、またニュージーランドでこれから出産されるママさんへ気を付けることなどのアドバイスのお話をお伺いしていきます。

ニュージーランドでの助産師としてのお仕事は具体的にどういう事をされているのですか?

助産師の仕事は、基本的に病院で働く助産師と開業助産師に分かれます。

病院での仕事は、主に産前であれば異常があり開業助産師から送られてきた方の検査とケア、陣痛中は開業助産師が到着するまでのケア、開業助産師のアシスト、産後は産後の母体のケアと指導、新生児のケア、異常を伴う方への検査等を行っています。

ゆかさんインタビュー 第2話 1

開業助産師は、妊娠から産後6週間まで継続的に健診、ケアを提供し異常があればスペシャリストに診察、アドバイスを仰ぎます。

私は、以前は病院で働きながら開業助産師の仕事もしていましたが、現在は開業助産師のみで働いています。

そうすることで、妊婦と私とで日程などを決めていきますので、基本的に助産師は自分のスタイルで仕事ができるようになります。
また、出産時は、一対一で対応させていただきますので、産婦と一緒になって集中できます。(もちろん、トラブルなどある場合は、すぐ連絡できる状態になっています)

ニュージーランドの助産師の仕事は、自分のスタイルに合わせて働けるので気に入っています。

ニュージーランドで出産するママさんへ気を付ける事やアドバイスは、ありますか?

日本とニュージーランドでは助産の考え方やケアの内容も違いますし、お産というのはみなさん違いますので、先輩方に経験を聞くのもいいですが、参考程度して、質問や不安がある時にはウェブサイトなどで検索せず、直接助産師と話すことが一番です。
私達のような医療従事者は、妊娠、出産、産後を通して、女性中心のケアをパートナーシップをもってケアをしていきます。そして、妊婦が理解できるよう十分に説明していきます。最終的なケアプランの決定権は妊婦自身にありますので、「こうしたい!」という考えを伝えてくださいね。

ゆかさんインタビュー 第2話 2

日本人の女性は、我慢強く、辛いしんどいという声をなかなかあげない文化をお持ちかもしれません。
ですので、頑張らないで、どんどん頼ってきて助けを求めてください。
特に出産は、リラックスしたもん勝ちなのです。ストレスがあると上手くホルモンが分泌されないので、妊娠・出産・育児はリラックスがとても重要なのです。
また、市販の妊娠検査薬で陽性が出た場合、GP(一般開業医)に行かなくても、直接助産師に連絡して、会う日を調整していただいても大丈夫です。
もちろん、私に連絡していただくこともできます。
妊娠・出産・産後へのご相談やご質問はこちらにご連絡くださいね。
携帯電話:021-143-4042 
※連絡時のお願い:名前、最終月経開始日、生年月日、住所を記入してください。
折り返し、こちらからご連絡させていただきます。

ゆかさんインタビュー 第2話 3

(第3話へつづく)

ゆかさんは、35歳になる少し前から助産師を目指し、英語も一から語学学校に通い、そこからのスタートだったそうです。
もちろんご家族のご協力があったことでしょうし、またニュージーランドという環境が、年齢を問わず女性でも活躍できる場所や時間があるのだと思います。

日本では、きっと35歳から助産師を目指すことは難しいかもしれませんし、旦那様も一番仕事が忙しい時期なので、育児をなかなか手伝ってもらえないかもしれません。
ニュージーランドという国だからこそ、女性がやりたいことを実現しやすいのかもしれません。

次回の第3話は、ゆかさんの「今後の活動や夢」などのお話を伺いしました。どうぞお楽しみに!