こどもニュージーランド 親子留学プログラム
こどもニュージーランド ママさん座談会

ふうこさんインタビュー 【第3話(最終話)/芙歩子さんの今後と夢】

ふうこさんインタビュー 第3話 hd

第3話は、芙歩子さんの今後の活動や夢などのお話をお伺いしていきます。

起業をして大変な事は何ですか?

「モチベーションの維持」です。何もしなかったら、レント代や今までにかかった費用などもありますので、どんどんマイナスになります。現在は、一人で仕事をしていますので、気分に左右されることもあるので、やる気スイッチを入れ続けることが大変です。

リンゴ飴以外にもイチゴ飴やチョコバナナなどは作られないのですか?

リンゴ飴は、日持ちがしないので、その時に売りきらないといけません。注文を受けて作ろうと材料を揃えててもキャンセルになってしまうこともあって、そういう場合は、近くの幼稚園などにりんごを寄付をしたりしています。やっぱり食べ物は保存がきかないというリスクもあるので、今はりんご飴だけにしています。

しかし、今はリンゴ飴も面白がって置いてくれる店も出てきたんですよ!あと、誕生日会やウェディングの時などは、華やかになるので発注があります。その時は、ほんとに可愛く、白とかピンクとかのデコレーションをして私も楽しんでいます。

ふうこさんインタビュー 第3話 2

芙歩子さんの今後は?

現在は、ASB Show groundで1年に3回あるGeneral Collectiveという大きなマーケットに出店しています。今年で4年目になりますね。こちらでは、フードトラックもたくさん来ていますし、とても楽しいのでぜひ皆さんにも来てほしいですね。

そこでは、私はリンゴ飴とマシュマロを売っています。また、マシュマロは、Farroや小さいお店にも置かせてもらっています。

ふうこさんインタビュー 第3話 3

まだ、始めたばかりのこの仕事は手探り状態ですが、もう少し規模を大きくできればいいな、と思っています。

芙歩子さんのウェブサイト

「THE CANDY APPLE WAGON」
https://www.thecandyapplewagon.com/
Face Book
https://www.facebook.com/thecandyapplewagon/

誕生日会やウェディングの飾り、Thanks Bagなどのお土産として、オリジナルのデコレーションリンゴ飴の注文も承っています。

また、Guimauve(ギモーブ)のマシュマロなどは、上記ウェブサイトからも購入できます。

ふうこさんインタビュー 第3話 4

(おわり)

芙歩子さんは、何か情報を発信する場所を作りたい!と中学生の時から考えていたそうです。そして、中学卒業後すぐに夢を実現された行動力や考え方がとても刺激的でした。

話の中で、「出来る人に任せるのです」と言っていました。何でも自分でするのではなく、自分が苦手な事や時間がかかる事は、出来る人に任せることも大事なんですね。

個人で起業すると、ついつい出来ない事も頑張ってやってみよう!お金もかかるし、自分でも出来ないことはない、と思ってしまいがちですが、自分自身は、得意とするもの、好きな事をどうやって継続していくか、と考える事に力を入れて、その他のことは出来る人に任せるということも商売をする上で成功できる秘訣なのかもしれません。

私もニュージーランドに住んでいながら、英語は得意ではありません。だけど、仕事柄、どうしても英語を使うことが多く、ストレスになることも多々ありますので、そういった場合は、英語の話せる人にお願いしたり、専門の方に頼るなどしています。
何でもそうですが一人では何もできないんですよね。

たかさん♀