こどもニュージーランド 親子留学プログラム
こどもニュージーランド ママさん座談会

ゆかさんインタビュー 【第3話/心がけていることや今後の夢】

ゆかさんインタビュー 第3話 hd

ゆかさんの心がけていることは何ですか。

私の全てのきっかけは、人との出会いや、その時の自分の感性に任せて自然に導かれている気がします。
今行っていることも、特にこうでありたいと遠い昔に願ったことでもありません。
子供の時から親になった今でも、「私のやりたいことは何か?」と問いかけ、目の前にあるタスクを精一杯行っているうちに道はどんどん広がり、形を変えながら、たまには寄り道しながらも、今の自分がいると思います。 
”何事も遊び心で楽しみ誠意をもってやる” こちらが常に心がけていることです。

ゆかさんインタビュー 第3話 1

ゆかさんの今後の活動を教えてください。

最近 ローカルのいろいろな職種のデザイナーが集合するシェアオフィスを構えることになりました。その横には小さいながらもショールームがあり、私達の商品も置かれています。自分たちの基地を作り、そこからネットワークを更に広げて商品やメディアを効率良く発信させればと思っています。
大きな夢としては、ニュージーランドか日本のどちらかに自分がプロデュースするアンテナショップを持ちたいですね。そこは皆んなの集まる場で、発信する場があり、ライフスタイルを楽しくするような衣食住にまつわる商品を素敵に飾って販売できたら嬉しいですね。

ゆかさんインタビュー 第3話 2

(おわり)

ゆかさんに今回インタビューさせていただいたときに、彼女のAn Astute Assmebly Ltd,(AAA)の名刺をいただきました。

ゆかさんインタビュー 第3話 3

真っ黒でとても斬新な印象に残る名刺。

「どうして、こんな風にAAAが並んでいるのですか?」と聞くと、

AN
ASTUTE
ASSEMBLY

と、会社名のロゴの頭のAの位置に合わせているから、と答えてくれました。

名刺さえもデザイナーらしい遊び心が満載です。

私には、この“遊び心”がなかなか難しい。日本人気質というか、名刺と言うと、まっすぐ見えやすいように、分かりやすいように、、、それが基本というか固定観念に刷り込まれているんですよね。
この遊び心がで出来る人は、仕事や人生においても楽しく、相手も自然に楽しくさせてくれます。

今回もデザイナーという新しい分野の世界を垣間見れて、私が最も必要だと思う人生においての遊び心の勉強をさせていただき、とても楽しい時間となりました。

ゆかさんインタビュー 第3話 4

今回も素敵な話をありがとうございました!