こどもニュージーランド 親子留学プログラム
こどもニュージーランド ママさん座談会

GP(General Practitioner = 一般開業医)

GP(General Practitioner = 一般開業医)

ニュージーランドでは、どんな疾患であっても、最初に訪れるのは、GPまたはFamily Doctorと呼ばれるクリニックです。

GPとは、General Practitionerの略で、日本語では「一般開業医」です。妊娠かどうか分からないとき、また妊娠が発覚したときに、最初に訪れる場所であります。妊娠と判断された場合、診察料は基本的に無料です。妊娠していなかった場合は、診察料を払うことになりますので、GPへ行く前にまず市販の妊娠検査などでセルフチェックしておいたほうがよいでしょう。

GP(General Practitioner = 一般開業医) 2
オークランド街中にあるGP

ひと言メモ

GP。確かに聞きなれない言葉ですね。日本のように直接専門家の病院(産婦人科)に行ければどれほど楽だろう、と何度も思いました。「どんな病気であっても、まずかかりつけの病院に行く」それが、ニュージーランドの仕組みです。
ちなみに、かかりつけのGPに登録しておくと、診察料金が少し安くなったり、予約なしで直接診てもらうことができたり、お得な部分もあります。GPへ子供と一緒に行くことは大変かもしれませんが、おもちゃが置いてあったり、小さな遊ぶスペースがあったりするGPもあるので、そこで楽しんでくれれば、少しは退屈しのぎになると思います。